ジンボリーインターナショナル

ニュース

杉並阿佐ヶ谷校「ジンボリーインターナショナルスクール」オープンのお知らせ

民間学童保育・幼児保育事業で都心部を中心に、直営校13か所、提携関連校15か所を運営する株式会社ウィズダムアカデミー(以下、ウィズダムアカデミー、本社:東京都豊島区 代表取締役: 鈴木 良和)と、キッズラーニングネットワーク株式会社(以下、ジンボリー、本社:東京都港区 代表取締役: 山田 晋司)は、2020年春、JR東日本社が推進する「阿佐ヶ谷東高架下リニューアルプロジェクト」において、子どもたちと子育て世代の生活を応援するというコンセプトの下、「ジンボリーインターナショナルスクール杉並阿佐ヶ谷校」を開校いたしました。ジンボリーインターナショナルスクールは、ジンボリーならではのジム、ミュージック、アート、ダンス、フォニックス、サイエンスなどのプログラムに加え、ウィズダムアカデミーが培った幼児・児童教育のノウハウを合わせて、両社で共同開発した日本独自のジンボリープログラムです。名古屋グローバルゲートにて日本初開校し、そのユニークな教育プログラムで注目されたジンボリーインターナショナルスクールは、元麻布校、杉並阿佐ヶ谷校、自由が丘校、そして横浜馬車道校と、4校同時開校し、最高の教育環境を提供することを目指します。

Posted on 2020年7月31日